「MBP」研究会

facebook

Twitter

>活動報告>名古屋で市民公開講座を開催しました。

活動報告

2015/10/27

名古屋で市民公開講座を開催しました。

中高年女性における骨の健康を守るヒケツ
~いつまでも自分の足で立ち上がり、歩くために~

10月3日(土)、ウィルあいち(名古屋市)において、市民公開講座「骨の健康を守るヒケツ」が開催しました。会場では抽選で選ばれた700名の参加者を前に、「MBP」研究会副会長であり、山王メディカルセンター・女性医療センター長でもある太田博明先生による基調講演と、女優の秋野暢子さん、タレントの西川ヘレンさんを交えてのパネルディスカッションが行なわれました。

太田先生の講演では「世界に類を見ないスピードで高齢化が進む日本では、2025年には1.8人の現役で高齢者1人を支える"肩車社会"が到来し、拡大団塊世代の約1000万人が介護のリスクが高まる75歳以上の後期高齢者となる」との今後の見通しについての話があり、「女性が要介護となる原因は“骨折・転倒”と“関節疾患”が約29%を占めて第一位となっていること、そして寝たきりの主な原因となる大腿骨近位部骨折の80%以上が女性であることからも、骨粗鬆症予防を通した骨の健康が、中高年女性の健康寿命の延伸には欠かせない」と強調されました。

基調講演中の太田博明先生

最後に「いつまでも自分の足でハツラツと歩くためには、骨の健康を意識した食生活と運動習慣、そして幅広い年代で骨密度を高める効果が確認されている「MBP」など安心・安全なサプリメントも上手に取り入れながら、骨粗鬆症予防を心がけてください。」と呼びかけをされていました。

後半のパネルディスカッションでは、骨の健康によい運動の紹介やゲストの骨にまつわるエピソードが披露されました。
太田先生から骨の健康によい運動として、その場でつま先立ちになってかかとを上下に動かす「かかと落とし」の紹介がありました。1分間だけでも十分効果があるそうです。

太田博明先生

13年間「MBP」の入った製品を愛飲されている秋野暢子さんからは、骨密度が30代前半であるという話や、成長期の娘さんに「MBP」製品を飲ませたところ毎年7センチも伸びたといったエピソードの紹介がありました。

秋野暢子さん

西川ヘレンさんは、お母様が家の中での転倒による大腿骨骨折が原因で寝たきりになり、介護の経験があることから「自分のことが自分でできないほど辛いことない。早期発見、早期対策が骨粗鬆症の転ばぬ先の杖だと勉強しました。これからは夫も誘って定期的に骨の健康を調べたい」との感想を述べられていました。

西川ヘレンさん

「MBP」研究会では、今後も、幅広い年代の方々に向けて、骨に関する正しい情報と「骨をつくる力」を高める「MBP」の普及を目指し、市民公開講座などの活動を行ってまいります。

PAGE TOP