「MBP」研究会

facebook

Twitter

>「MBP」って?>骨の細胞にはたらきかける「MBP」

「MBP」って? : 骨の細胞にはたらきかける「MBP」

ダブルではたらく!「MBP」の仕事ぶりを、骨のしくみとともに説明します。

骨は日々、生まれ変わっています

 白くて硬い骨。一度できたら変わらないように見えますが、実はとても柔軟な組織です。成長にともない骨が伸びるのも、折れた骨が元に戻るのも、骨が生きている証拠。体のほかの臓器と同じように血管が通り、新陳代謝を繰り返しているのです。骨は体を支えるだけでなく、カルシウムの貯蔵庫としての役割も果たしています。新陳代謝を繰り返すことで体内にカルシウムを送り出し、余ったカルシウムは骨に蓄えられます。
 骨は主にカルシウムとコラーゲンでできています。コラーゲン繊維にカルシウムが付着することで、丈夫でしなやかな骨がつくられます。成長期だけでなく、成人しても約3年のサイクルで新しい骨に生まれ変わります。
 この新陳代謝をつかさどるのが、骨を壊す「破骨細胞」と骨をつくる「骨芽細胞」です。まず、破骨細胞が古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします(骨吸収)。次に骨芽細胞がコラーゲンをつくり出し、カルシウムを付着させる「のり」となるタンパク質を塗っていきます(骨形成)。ここに血液中のカルシウムが付着し、新しい骨ができるのです。「MBP」は骨の新陳代謝に大きく関与します。

「MBP」は「骨をつくる力」をダブルでサポートします

破骨細胞のはたらきを調節し、骨芽細胞のはたらきを助ける「MBP」

 健康な骨づくりには、骨芽細胞と破骨細胞がバランスよくはたらくことが大切です。「MBP」の特長は、骨芽細胞を増やし破骨細胞のはたらきを調節すること。双方の細胞に作用して、「骨をつくる力」をサポートします。

1.骨をつくる骨芽細胞を増やす

「MBP」は骨芽細胞を増やし、そのはたらきを活発化させます。骨芽細胞が活発にはたらくと、コラーゲンの産出が促され、骨にカルシウムが付着しやすくなるのです。

2.骨を壊す破骨細胞のはたらきを調節する

破骨細胞のはたらきはホルモンの影響を受けています。ホルモンバランスが崩れると、破骨細胞が暴走し、必要以上に多くのカルシウムを溶かし出してしまいます。「MBP」は破骨細胞の暴走を食い止め、カルシウムが骨から過剰に溶け出すのを防ぎます。

つまり、「MBP」は骨の細胞に直接はたらきかけることで、「骨をつくる力」を活発にしてくれるのです。

PAGE TOP