よくわかる!骨と「MBP」講座

facebook

Twitter

>骨の健康について>お母さん必見!子供の骨の豆知識>骨太な子どもになる環境をつくっていますか?

 骨の健康について:お母さん必見!子供の骨の豆知識:骨太な子どもになる環境をつくっていますか?

図:子どもの骨に注意!骨の基礎は10代までの栄養でほぼ決まります「普段、子どもの骨を丈夫にしようと意識していますか?体がつくられる成長期は、一生の中で骨をつくる大切な時期です。私たちの体の骨量は20歳までに決まるといわれています。成長期にしっかり骨をつくることが障害健康な骨を保つことにつながります。大切なポイントを見ていきましょう。」
※(参照)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

PART.1
骨太な子どもになる環境をつくっていますか?

子ども時代は骨の基礎をつくり、骨貯金ができる大切な時期。チェックリストを通して丈夫な骨をつくるポイントを見ていきましょう。

成長期が最大のチャンス! 骨の貯金は今が肝心

折れ線グラフ:出典:総務省 平成25年「学校保健統計調査」。成長期の身長の推移。男性は5歳から13歳くらいまで110㎝から160㎝まで右肩上がりで上昇し、以降17歳まで、170㎝へ緩やかに上昇。女性は5歳から11歳くらいまで110㎝から150㎝まで右肩上がりで上昇し、以降17歳まで、158㎝くらいへ緩やかに上昇。
※出典:総務省 平成25年「学校保健統計調査」

 男子は高校入学、女子は中学入学くらいまでの成長期に、身長が一気に伸びて骨も大きく育っていきます。人生で骨量がもっとも多くなるのは、男性で20歳、女性で18歳といわれており、40代以降は加齢にともない骨量は減り始めます。
 骨がぐんぐんと成長する期間は今しかありません! 将来骨粗しょう症にならないためにも、骨の基礎がつくられる10代までの間にできるだけ強い骨を育てて「骨の貯金」をしておきましょう。

カルシウムだけでは強い骨はつくれない

図:骨づくりに役立つ栄養素 「カルシウム」「「MBP」」「マグネシウム」「ビタミンK」「ビタミンD」「コラーゲン」。(「カルシウム」を中心に他の5つの栄養素が「カルシウム」を取り囲むように配置。)
骨づくりに役立つ栄養素

 骨は主に、カルシウムからできていますが、カルシウムと併せてたんぱく質の一種である「MBP」をしっかりとることが大切です。「MBP」は、牛乳にほんのわずかしか含まれていない成分ですが、カルシウムを骨に付着しやすくし、強い骨をつくるためにとても重要な成分なので、意識してとるようにしましょう。
 ほかにも「ビタミンD」「ビタミンK」「マグネシウム」など、さまざまな栄養素と合わせてとることで丈夫な骨がつくられていきます。栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

骨づくりの鍵は「食生活」「運動」「睡眠」

図:食事をしている少女、テニス(運動)をしている少年、睡眠中の少年

 強い骨をつくるためには積極的に、上述したカルシウムなどの骨に必要な栄養をとりましょう。成長期に無理なダイエットをすると栄養不足により、骨が十分につくられなくなるので、3食きちんと食べ、カルシウムの吸収を妨げるインスタント食品などは食べ過ぎず、偏りのない食生活にしましょう。
 また運動して骨に負荷をかけると、それが刺激となり骨形成を促進します。ジャンプをする運動や素早い動きの多い運動が効果的なので、バスケットボール、バレーボール、陸上競技、テニス、卓球などがおすすめです。
 ほかには睡眠も大切です。夜10時から午前2時は成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯といわれています。10時までに就寝するのがベストです。また、日光に当たると、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが体内で合成されるので、外での活動時間を長くするように心がけましょう。

  • お母さん必見!子供の骨の豆知識
  • 成人女性 産前産後の体のケア
  • スポーツマンが知っておきたい骨のこと
  • 骨の将来不安解消 シニア向け骨のしくみ

PAGE TOP