「MBP」研究会

facebook

Twitter

>「MBP」の秘密>スポーツマンが知っておきたい骨のこと>PART.1 骨を強くする3つのポイント

「MBP」の秘密 : スポーツマンが知っておきたい骨のこと

ベストなパフォーマンスは丈夫な骨から 筋力だけでなく骨も鍛えよう

PART.1
骨を強くする3つのポイント

骨は代謝によって生まれ変わっています。アスリートのパフォーマンス向上のためには、骨の生まれ変わりを助け、筋肉と同じように鍛える必要があります。

アスリートのコンディションを左右する「骨」

 骨は体を支え、守り、運動の基盤となる重要な器官です。アスリートは筋肉を鍛えることが重要視され、「骨を鍛える」ことは軽視されがちですが、スポーツ活動中の強い筋収縮や物理的衝撃などによる骨への負担は決して小さなものではありません。
 鍛えられていない骨は筋力不足と同じように、ケガやパフォーマンスの低下をもたらします。
 骨折によってボディバランスが崩れ、選手生命が絶たれたアスリートも少なくありません。骨もアスリートのコンディションに密接に関わっているのです。

骨は強くすることができる

 成人の骨は成長が止まっているようにみえますが、破骨細胞によって古くなった骨を壊し、骨芽細胞によって新しい骨を形成するという新陳代謝(骨代謝)を日々繰り返し、強度を維持しています。
 毎日適切な「運動」「休養」「栄養」を取り入れることで骨代謝を助け、骨密度を増加させ、骨を強くすることができます。
 特に近年、栄養面で骨芽細胞と破骨細胞の両方に働きかけ、骨代謝に貢献する機能性タンパク質「MBP」が注目を集めています。

 コラム:疲労骨折に要注意

 疲労骨折は一度では骨折に至らない程度の力が、骨の同一部位に繰り返し加わることにより発生する骨折で、体操競技や長距離陸上競技のアスリートに多く起きるケガです。
 一般的な骨折とは発生原因が異なるものの、症状の軽減には4週間程度、完治には2~3か月程度かかることもあり、コンディションの維持も難しくなります。トレーニングをやり過ぎてしまうトップアスリートに限らず、日ごろの運動量が少ないのに、マラソン大会前に急にランニング量が増えるアマチュアランナーなども注意が必要です。

  • お母さん必見!子供の骨の豆知識
  • 成人女性 産前産後の体のケア
  • スポーツマンが知っておきたい骨のこと
  • 骨の将来不安解消 シニア向け骨のしくみ

PAGE TOP