>「MBP」って?>骨の細胞にはたらきかける「MBP」

「MBP」って?:骨の細胞にはたらきかける「MBP」

バランスよくはたらく! バランスよくはたらく!

「MBP」の仕事ぶりを、
骨のしくみ
とともに説明します。

骨は日々、生まれ変わっています

白くて硬い骨。変わらないように見えますが、実はとても柔軟な組織です。成長にともない骨が伸びるのも、折れた骨が元に戻るのも、骨が生きている証拠。骨には血管が通り、新陳代謝を繰り返しています。

成長期だけでなく、成人しても約3年のサイクルで新しい骨に生まれ変わります。

図:骨の約3年のサイクル①破骨細胞:「破骨細胞」がぴったりと骨にくっつき、酸や酵素を出して骨からカルシウムを溶かしだす。②「骨芽細胞」がコラーゲンを作り出し、「のり」の役割をするたんぱく質を塗っていく。③小腸で吸収されたカルシウム(Ca)は血液を通って骨まで届き、「のり」に付着して、新しい骨を作ります。①②③を時計回りの矢印でループ表示。

この新陳代謝をつかさどるのが、骨を壊す「破骨細胞」骨をつくる「骨芽細胞」です。

  1. まず、破骨細胞が古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします(骨吸収)。
  2. 次に骨芽細胞がコラーゲンをつくり出し、カルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます(骨形成)。
  3. ここに血液中のカルシウムが付着し、新しい骨ができるのです。「MBP」は骨の新陳代謝に大きく関与します。

「MBP」は「骨をつくる力」をバランスよくサポートします

図:骨の新陳代謝。「骨吸収を調整」:「MBP」が破骨細胞のはたらきを調整する図。「骨形成サポート」:「MBP」が骨芽細胞を助け、カルシウムを骨に定着させる図。それぞれの図を左右の矢印でつなぎ、新陳代謝の様子を表す図。

健康な骨づくりには、骨芽細胞と破骨細胞がバランスよくはたらくことが大切です。「MBP」の特長は、骨芽細胞を増やし破骨細胞のはたらきを調節すること。ダブルの働きで、「骨をつくる力」をサポートします。

1.骨をつくる骨芽細胞を増やす

「MBP」は骨芽細胞を増やし、そのはたらきを活発化させます。骨芽細胞が活発にはたらくと、コラーゲンの産出が促され、骨にカルシウムが付着しやすくなるのです。

2.骨を壊す破骨細胞のはたらきを調節する

破骨細胞のはたらきはホルモンの影響を受けています。ホルモンバランスが崩れると、必要以上に多くのカルシウムを溶かし出してしまいます。「MBP」は破骨細胞の過剰なはたらきを抑え、カルシウムが骨から過剰に溶け出すのを防ぎます。

つまり、「MBP」は骨の細胞に直接はたらきかけることで、「骨をつくる力」を活発にしてくれるのです。

表:骨づくりにはたらく主な食品成分。7行3列の表。青色上向き矢印で「促進」、赤色下向き矢印で「抑制」を表現。1行目は桃色背景表の項目を表す。左から、「食品成分」「主な機能」「多く含まれる食品」。2行目は水色背景、左から、「ビタミンD」「カルシウムの吸収(青矢印)」「さけ、いわしなどの魚、きのこ類」。3行目は水色背景、左から、「カゼインホスホペプチド(CPP)」「カルシウムの吸収(青矢印)」「牛乳、乳製品(たんぱく質が消化されて生成)」。4行目は黄緑色背景、左から、「マグネシウム」「骨形成(青矢印)」「ごま、そば、バナナ」。5行目は黄緑色背景、左から、「ビタミンK」「骨形成(青矢印)」「納豆、ほうれんそう、ブロッコリー」。6行目は黄緑色背景、左から、「イソフラボン」「骨吸収(赤矢印)」「大豆(豆腐、納豆などを含む)」。7行目は黄緑色背景、左から、「MBP(太字)」「骨形成(青矢印)、骨吸収(赤矢印)」「牛乳、ヨーグルト」。表の下に「バランスよくはたらく!」(吹き出しで表示)
表:骨づくりにはたらく主な食品成分。7行3列の表。青色上向き矢印で「促進」、赤色下向き矢印で「抑制」を表現。1行目。左から、「食品成分」「主な機能」「多く含まれる食品」。2行目、左から、「ビタミンD」「カルシウムの吸収(青矢印)」「さけ、いわしなどの魚、きのこ類」。3行目、左から、「カゼインホスホペプチド(CPP)」「カルシウムの吸収(青矢印)」「牛乳、乳製品(たんぱく質が消化されて生成)」。4行目、左から、「マグネシウム」「骨形成(青矢印)」「ごま、そば、バナナ」。5行目、左から、「ビタミンK」「骨形成(青矢印)」「納豆、ほうれんそう、ブロッコリー」。6行目、左から、「イソフラボン」「骨吸収(赤矢印)」「大豆(豆腐、納豆などを含む)」。7行目、左から、「MBP(太字)」「骨形成(青矢印)、骨吸収(赤矢印)」「牛乳、ヨーグルト」。表の下に「バランスよくはたらく!」(吹き出しで表示)

PAGE TOP PAGE TOP