たんぱく質は女性にこそ必要!その働きや効果とは?

ヘルスケア
FacebookTwitterLine

人間が生きていく上で欠かせない、たんぱく質。身体の組織をつくったり、筋肉を増やしたりするだけでなく、骨の健康にも重要な役割があることを知っていますか?
また、身体づくりやスポーツをしている男性だけでなく、女性こそ摂りたい栄養でもあるのです。そんなたんぱく質の働きや効果について解説します。

たんぱく質とは、どんな働きをしている?

私たち人間の身体は、年齢や性別で差はあるものの、約60%が水分でできています。その次に多い成分がたんぱく質で、水分を抜いた内の約半分、身体全体の約15~20%を占めています。筋肉、臓器、肌、髪、爪などの主成分であり、その他、酵素やホルモン、免疫の材料になるなど、身体の組織の素になるものです。
また、代謝やホルモン機能の調整、免疫アップ、身体に栄養を運ぶ、脳の発達や機能を支えるなど、様々な働きもあります。つまり動く、考えるといった人間の生命活動そのものを支えているといっても過言ではないほど、たんぱく質は重要な役割を担っているのです。

たんぱく質とは、どんなもの?

たんぱく質は英語でプロテイン(protein)、炭水化物、脂質と並ぶ「三大栄養素※」です。20種類のアミノ酸が結合してつくられており、そのうち9種類の必須アミノ酸は体内でつくることができないため、食べ物から摂取しなければなりません。また、たんぱく質は身体の中で毎日のようにつくり変えられているので、たまに食べる…のではなく、食事ごとに継続して摂取することも大切なのです。

また、たんぱく質には「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」があります。動物性なら魚や肉、卵や乳製品、植物性なら豆類に含まれていますが、どちらか一方、何か一つの食品に偏ることなく、まんべんなく摂るのがおすすめです。

※三大栄養素:食物に含まれる栄養素の中のうち、身体を動かすエネルギーの素になるもののこと。

骨の健康にも、たんぱく質は欠かせない!

このように「筋肉を増やす」「身体をつくる」ために必要なたんぱく質は、実は骨の健康にも欠かせません。骨をつくるための栄養素と言えばカルシウム、さらにカルシウムの吸収を助けるビタミンD、骨の形成に必要なビタミンKなどが挙げられますが、たんぱく質も骨をつくる栄養素のひとつ。
特に、しなやかで丈夫な骨をつくるためのコラーゲンの原料になっています。
この他、骨密度を高めたり、骨を丈夫にしたり、骨をつくったりなど、骨の形成や成長といったさまざまなシーンで、たんぱく質が大きく関わっています。

女性こそ必要!たんぱく質のメリットとは?

一般的に、たんぱく質は「男性やアスリートに必要な栄養素」というイメージが強いかもしれませんが、女性こそ摂ったほうがよい栄養素でもあります。なぜなら、女性は美容や健康を意識して、野菜や果物といったビタミン類や食物繊維の摂取に目が向いてしまい、たんぱく質不足になりがちだからです。
そもそも、男性に比べて女性は筋肉量が少なく、年齢とともに筋力がさらに減ってしまうので、基礎代謝の低下やむくみ、疲れやすさなどの不調を助長してしまいます。
また、ホルモンバランスの変化によって骨密度が低下しやすい女性は、骨折や骨粗しょう症などのリスクも男性より高くなります。

そのため、しっかりと筋肉をつくる、骨の健康を保つために、たんぱく質は女性に必要なもの。肌や髪、爪の素なので、若々しいコンディションを保つためにも不可欠です。筋力が増えれば基礎代謝がアップして、ダイエットも期待できます。美容や健康を考える女性にとって、たんぱく質は強い味方になってくれます。

女性の健康と美容には、たんぱく質

日々の体調管理、骨の健康のために大事なたんぱく質。
いつまでも若々しくいるために、またハリのある肌やコシ・ツヤのある髪、ほどよく締まった身体など美しさのために、たんぱく質を意識した食生活を取り入れていきましょう。

【あわせて読みたい】今から骨の健康を気にすべき理由

FacebookTwitterLine
文責:島田 みゆ(しまだ みゆ)

文責:島田 みゆ(しまだ みゆ)

社会人教育関連の会社で約10年、ビジネススキル系講座の企画編集開発を担当。企業が抱える課題や家族の病気と向き合うなかで、心と身体の健康の重要性を強く感じ、プライベートではヨガ講師に。現在はフリーのライター・編集者として、食や健康、ヨガ、旅に関するテーマの取材&インタビュー、執筆を中心に活動している。

この記事を読んだあなたにおすすめ

TOP