【解説】高齢者だけの問題じゃない!骨の健康を長く保つための秘訣。

「MBP」の仕組み
FacebookTwitterLine

骨密度の低下や骨折の話題が高齢者に多いため、「骨は高齢者の問題」と認識している方が多いかもしれませんが、実はそうではありません。
「骨の健康」という観点からすれば、成長期での骨づくりが一生の骨量に大きく影響します。

若い世代でも、出産や過度な減量やダイエット、生活習慣によって骨量は低下するリスクがあることがわかっています。

皆さんには、骨の話題を自分ごととして理解してもらうことがとても大切です。
健康な骨を長く保つ秘訣について、データを交えて解説していきます。

幅広い年代の人々の「骨をつくる力」を高める「MBP」

健康な骨を維持するには、成長期に骨の発育を促し、体ができ上がる成熟期までに十分な骨量を蓄えなくてはなりません。骨量は年齢と共に徐々に減っていきます。意識して、骨量の減少を少しでも遅らせることが大切です。

丈夫な骨を維持することは、健康の基本です。ところが最近は、子どもの骨折や高齢化に伴う骨粗しょう症、無理なダイエットや偏った食生活等に起因する若年女性やアスリートの骨粗しょう症が増えているようです。そこで注目されるのが「MBP」です。

「MBP」は幅広い年齢、性別で効果が実証済み

「MBP」の効果を試す研究では、ヒトでの臨床試験も行われ、20~50代の女性に「MBP」を半年間摂取してもらったところ、骨密度の増加が確認されました。さらに詳しく調べたところ、「MBP」が20代の女性の最大骨量を高めることが分かりました。

(出典:Yamamura J, Aoe S, Toba Y,Motouri M, Kawakami H, Kumegawa M, Itabashi A, Takada Y. Milk Basic Protein(MBP) increases radial bone mineral density in healthy adult women.Ûiosci Biotechnol Biochem. 2002;66:702-4.)

また、50歳前後の更年期女性に「MBP」を摂取してもらったところ、骨密度が増加したという結果が得られ、 さらに、70代の女性に摂取してもらったところ、骨量が増加したという結果も得られています。

(出典:Aoe S, Koyama T, Toba Y, Itabashi A, Takada Y. A controlled trial of the effect of milk basic protein(MBP) supplementation on bone metabolism in healthy menopausal women. Osteoporos Int. 2005;16:2123-8.)

(出典:Aoyagi Y, Park H, Park S, Yoshiuchi K, Kikuchi H, Kawakami H, Morita Y, Ono A, Shephard RJ. Interactive effects of milk basic protein supplements and habitual physical activity on bone health in older women: A 1-year randomizedcontrolled trial. Int Dairy J. 2010;20:724-30.)

さらに30代の男性を対象とした実験でも、「MBP」が破骨細胞のはたらきを抑え、骨芽細胞のはたらきを活性化した結果が得られました。「MBP」が幅広い世代で骨密度を高めることが実証されたのです。

日ごろから積極的にカルシウムをとることに加え、あらゆる年代の人々の「骨をつくる力」を高める「MBP」を摂ることが健康な骨を維持するために重要なのです。

「MBP」の研究や開発は、国内外から高い評価を獲得

FacebookTwitterLine
ボンラビ

ボンラビ

「カラダの中から人生は変わる」をテーマにした、ヘルスケア・エクササイズ・フード・ビューティの情報をお届けするオウンドメディアです。

関連記事

TOP