【大発見】骨の新陳代謝に関わる2つの細胞に、直接作用する成分があった!

「MBP」基礎
FacebookTwitterLine

骨は日々、生まれ変わっています。突然過ぎて驚かれた方もいるかもしれませんね。

骨というのは、生まれたときの骨が成長に伴って大きくなるだけではありません。
白くて硬い骨は変わらないように見えますが、実はとても柔軟な組織です。
成長にともない骨が伸びるのも、折れた骨が元に戻るのも、それは骨が生きている証拠。
それが骨の新陳代謝です。

しかも、骨の新陳代謝には古い骨を壊す細胞と、新しい骨をつくる細胞の2つが関わっています。骨を壊すと聞くと「えっ!?」と思うかもしれませんが、実はそれが重要なのです。

今回は、成人してもからも約3年のサイクルで新しい骨に生まれ変わるその仕組みについて、詳しくみていきましょう。

骨は約3年で新しい骨に生まれ変わっている!

「骨の生まれ変わりのサイクル」に関わるのが、骨を壊す「破骨細胞」と骨をつくる「骨芽細胞」です。

  1. まず、破骨細胞が古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします(骨吸収)。
  2. 次に骨芽細胞がコラーゲンをつくり出し、カルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます(骨形成)。
  3. ここに血液中のカルシウムが付着し、新しい骨ができるのです。「MBP」は骨の新陳代謝に大きく関与します。

「MBP」は「骨をつくる力」をバランスよくサポートする

健康な骨づくりには、骨芽細胞と破骨細胞がバランスよくはたらくことが大切です。
「MBP」の特長は、骨芽細胞を増やし破骨細胞のはたらきを調節すること。
ダブルの働きで、「骨をつくる力」をサポートします。

1.骨をつくる骨芽細胞を増やす

「MBP」は骨芽細胞を増やし、そのはたらきを活発化させます。骨芽細胞が活発にはたらくと、コラーゲンの産出が促され、骨にカルシウムが付着しやすくなるのです。

2.骨を壊す破骨細胞のはたらきを調節する

破骨細胞のはたらきはホルモンの影響を受けています。ホルモンバランスが崩れると、必要以上に多くのカルシウムを溶かし出してしまいます。「MBP」は破骨細胞の過剰なはたらきを抑え、カルシウムが骨から過剰に溶け出すのを防ぎます。

つまり、「MBP」は骨の細胞に直接はたらきかけることで、「骨をつくる力」を活発にしてくれるのです。

FacebookTwitterLine
ボンラビ

ボンラビ

「カラダの中から人生は変わる」をテーマにした、ヘルスケア・エクササイズ・フード・ビューティの情報をお届けするオウンドメディアです。

関連記事

TOP