>ニュース・イベント情報>第63回日本栄養改善学会学術総会にて「MBP」に関する発表を行いました。

ニュース・イベント情報

2016/09/29

第63回日本栄養改善学会学術総会にて「MBP」に関する発表を行いました。

2016年9月8日にホテルクラウンパレス青森(青森県)にて開催された第63回日本栄養改善学会学術総会にて、女子栄養大学 栄養学部 教授の上西一弘先生に『牛乳と乳塩基性タンパク質「MBP」による骨の健康効果』というテーマでご講演いただきました。

「牛乳の健康効果について否定的な論文もあるが、科学的根拠に乏しい。また、一つの論文だけではなく、これまでの研究を踏まえた総合的な判断が必要である」とお話しされたうえで、牛乳に含まれるカルシウムや「MBP」の各種研究結果をご紹介いただき、牛乳の摂取による骨の健康への有用性について紹介されました。

当日の会場は研究者、管理栄養士、学生等の参加者で満席になり、幅広い方々に「MBP」について知っていただくことができました。

第63回日本栄養改善学会の様子

講演中の上西一弘先生(女子栄養大学 栄養学部 教授)

PAGE TOP PAGE TOP