>骨の健康について>成人女性産前産後の体のケア>妊娠・授乳期はカルシウム強化期間!

骨の健康について:成人女性産前産後の体のケア

骨にもエイジングケアが必要! 骨にもエイジングケアが必要!

骨のケアはスキンケアと同じくらい大切です

若い女性にも、骨量低下のリスクが高まっています。

20歳前後のピークを迎える骨量は40代半ばから減少し始めます。
美と健康を保つには、肌と同じく骨にもケアが必要です。

骨のケアに役立つ「MBP」を紹介します。

PART.1 PART.1 妊娠・授乳期はカルシウム強化期間!

妊娠・授乳期はカルシウムを大量に消費します。また出産後は一時的に骨密度が低下するので、積極的に骨のケアをしましょう。

産後骨粗しょう症とは

妊娠中に分泌量が増え続け、出産時にピークを迎えた女性ホルモンは、産後、急激に減少します。また、授乳期は母乳を通して赤ちゃんにカルシウムを与え続けなくてはなりません。このため骨密度は一時的に低下しますが、授乳期を終え、しばらくすると元に戻るといわれます。

しかし、過去に無理なダイエットをして骨がもろくなっていたり、偏った食生活を送っていると、産後骨粗しょう症を招くおそれがあります。産後は育児に手いっぱいで自分の健康は後回しになりがちですが、赤ちゃんとたくさんスキンシップをとるためにも、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

  • お母さん必見!成長期の骨づくり
  • 成人女性 産前産後の体のケア
  • スポーツマンが知っておきたい骨のこと
  • 骨の将来不安解消 シニア向け骨のしくみ

PAGE TOP PAGE TOP