プロテイン以外の選択肢!たんぱく質含有量の多い食品でカラダ作りをサポート

エクササイズ
FacebookTwitterLine

カラダ作りをしている人はプロテインを摂取している、そんなイメージはありませんか?
「私もカラダ作りをするならプロテインを用意したほうがよい?」などと思うかもしれませんが、プロテイン以外の選択肢もあります。
なぜプロテインを摂取しているのかを知り、たんぱく質含有量の多い食品でカラダ作りをサポートしましょう!

プロテインはたんぱく質の英語表記

カラダ作りをしている人が意識的に摂取することが多いプロテイン。
プロテインとは何?という疑問から解消しましょう。
プロテインとはたんぱく質のこと。 たんぱく質を英語で表すとプロテインになります。
日本では粉末タイプのプロテインパウダーを見かけることが多いですが、これはたんぱく質を主成分にした栄養補助食品です。

なぜプロテインを飲むの?

市販されているプロテインパウダーの主成分である たんぱく質は、筋肉や臓器、肌や髪などを形成する三大栄養素のひとつです。すなわち、たんぱく質はカラダ作りをしている人、していない人に関わらず誰にでも必要な栄養素ということ。

しかし、スポーツや筋トレなどで運動をする人は、たんぱく質の損失量が多くなります。たんぱく質が不足するとケガをしやすくなったり、ケガの回復が遅くなったりしてしまいます。それだけでなく体調不良を招くリスクまで高めてしまうのです。
このようなことから、たんぱく質不足を解消するためにプロテインパウダーは飲まれています。

プロテインだけじゃない!たんぱく質含有量の多い食品はこれ!

たんぱく質を摂取するためにプロテインパウダーを飲むのは分かったけれど、お金がかかる、味が苦手などの理由で継続的に飲むのが難しい人もいますね。

そもそもプロテインは たんぱく質ですから、食事から摂れることを忘れてはいけません。たんぱく質を多く含み、食卓に並べやすい食品はこちらです。

【たんぱく質含有量の多い食品】

  • 肉類
    鶏ささみ、牛もも肉、豚ロース、ローストビーフ、ロースハム、生ハム、ウィンナーなど
  • 魚介類
    かつお、さば、ほたて貝柱、いくら、いわし丸干し、するめなど
  • 大豆製品
    納豆、きな粉、湯葉、油揚げ、厚揚げ、がんもどきなど
  • 牛乳・乳製品
    牛乳、脱脂粉乳、プロセスチーズ、カマンベールチーズ、パルメザンチーズ、など
  • 卵類
    生卵、うずら生卵、卵黄、ゆで卵など

肉類はたんぱく質を効果的に吸収するミネラルも多く含んでいますし、魚類の多くは良質なたんぱく質とされています。
植物性たんぱく質の代表格とされる大豆は、納豆であれば普段の食事に取り入れやすく保存も効くというメリットがあります。
ダイエット中であれば食べごたえがあり腹持ちのよいゆで卵も重宝しますね。

たんぱく質を上手に摂取して魅力的なカラダに

プロテインパウダーを摂ることは、たんぱく質を摂取する方法の1つです。カラダ作りのためなどに運動をする人は、運動をしない人よりも積極的にたんぱく質摂取を意識したいところ。
たんぱく質含有量の多い食品を上手に取り入れながら、魅力的なカラダを目指しましょう!

FacebookTwitterLine
文責:二宮 絵美(にのみや えみ)

文責:二宮 絵美(にのみや えみ)

プロフィール 生命保険会社勤務などを経て、2016年よりライターとしてメディア制作に従事。主に女性向けのメディアにて数々の記事を担当。現在はフリーのライターとして美容・健康・マネーなどを中心に、女性が知りたい、女性に知ってほしい情報を執筆。読み進めやすく分かりやすい文章を得意とする。

関連記事

TOP